遺言の遺し方

 遺言には、自分で書いて遺しておく遺言と、公証人役場で作成してもらう
遺言の2種類のタイプがあります。 

 自分で書くタイプは費用がかかりませんが、遺言として効力が発生する
ためには厳格な要件があるということと、死後に裁判所の検認手続きが
必要になることがデメリットになります。

 一方公証人役場で作成する遺言は、様式については公証人がきちんと
作って
くれますので、どのような内容にしたいのかを公証人に伝えればよく、
遺言書は公証人役場にも謄本が保管されますので、万が一手元の正本等
が紛失しても安心です。 また、裁判所の検認手続きは不要ですが、作成
費用がかかります。

 

 遺したい内容等によっても、どちらが適しているか変わってきますので、
お悩みの方は当事務所にご相談ください。 

▲このページのトップに戻る