Q1 遺言書がなかったら

Q1 遺言書がなかったら、どうすればいいの?

A1 遺言書がない場合は、相続人全員で、遺産分割協議をします。

   そこで、具体的に、個々の財産を誰がどのように引き継ぐかを

   話し合うのです。

   法律上は、法定相続分というのが決まっていて、例えば、配偶者

   と子が相続人であれば、配偶者が2分の1、子が2分の1なので、

   子が数人いれば、その2分の1をまたその人数で分けることになり

   ます。

   ただし、法定相続分というのは全体の中での割合ですから、遺産が

   不動産1個だけ、とか現金だけ、というのであれば簡単ですが、

   通常は不動産があったり、現金があったり、預金が何口かあるので、

   それらをいちいち持分通りに分けるのは困難です。

   したがって、不動産は誰、預金は例えばA銀行分は誰、B銀行分は

   誰 というように話し合って分割することを遺産分割協議といいます。

   この場合は、法定相続分とは違う割合にすることもできますし、

   ある人はゼロ、ということも可能です。

Q2 相続人の中に行方不明者がいたら?

Q2 相続人の中に行方不明者がいたら?

A2 遺産分割協議に参加すべき相続人が行方不明の場合は、

   「不在者財産管理人」という、行方不明の方の財産を、

   本人に代わって管理する人を裁判所に選任してもらって

   分割協議に参加してもらうことになります。

   その場合は、行方不明者の法定相続分は確保する前提で

   協議をすることになる場合がほとんどです。

   例えば、不動産を誰か一人の名義にするのであれば、その

   行方不明者の法定相続分に相当する金銭を、代償分割という

   形で分け与え、その後は、行方不明の状態が解消されるまで、

   財産管理人が、その財産を管理していくことになります。

▲このページのトップに戻る